商品PRを目的とした記事です。ダイアブログは、各種アフィリエイトプログラムに参加しています。

解説

Adobe製品「買い切り版vsサブスク版」購入価格の違いを比較

雫
大学の授業で画像編集の課題が出たから、Adobeの「Photoshop」や「Illustrator」を使ってみたいんだ。
すみれ
すみれ
「Photoshop」や「Illustrator」は、グラフィックデザインや写真・画像編集のソフトウェア。企業でもよく使われているから、とても勉強になると思う。
雫
でも確かAdobeの製品って高いんだよね。買い切りとサブスクだと、どちらがお得かな?
すみれ
すみれ
では今回は、Adobe製品について買い切り版とサブスクリプションの違いを解説するよ。

Adobe製品買い切り版について

一般的にAdobe製品と言えば、「Photoshop」「Illustrator」「Premiere Pro」「After Effects」「Audition」「Dreamweaver」「InDesign」等の製品が有名です。

上記ソフトウェアの買い切り版は、2012年にリリースされた「Creative Suite 6」が最後になりました。さらに、Adobeは「Creative Suite 6」の販売を終了しているため、基本的に買い切り版を購入することはできません。

ただし、「Photoshop」の簡易版である「Photoshop Elements 2024」と、「Premiere Pro」の簡易版である「Premiere Elements 2024」には買い切り版があります。上記のElements製品はAmazonで購入可能です。

Adobe公式サイトでは、Photoshop Elements 2024Premiere Elements 2024の無料体験版がダウンロードでき、無料で30日間使用できます。

雫
初心者だし、まずは「Photoshop Elements 2024」の無料体験版を使ってみようかな。
すみれ
すみれ
パソコンが必要だけれど、無料体験版がある点は嬉しいね。30日間使えるから、色々な機能を試せるはずだよ。

Elements製品の買い切り版価格

AdobeのElements製品「Photoshop Elements 2024」「Premiere Elements 2024」の価格を表にまとめます。

製品名 Photoshop Elements 2024 Photoshop Elements 2024 & Premiere Elements 2024
通常価格 19,580円 27,280円
Amazonで購入 17,622円 22,320円
旧版からのアップグレード 12,980円 20,680円

(※2024年2月1日時点)

雫
Adobe製品はAmazonで買うほうがお得なんだね。
すみれ
すみれ
その通り。旧版を持っていない人はAdobe公式サイトではなくAmazonで購入しよう。
created by Rinker
アドビ
¥17,800
(2024/02/24 16:30:41時点 Amazon調べ-詳細)

Adobe製品サブスクリプションについて

Adobeは、2012年発売の「Creative Suite 6」を最後に買い切り版の販売を終了しました。2013年以降は、月額・年額支払いプランのサブスクリプション「Adobe Creative Cloud」に移行しています。

Adobe Creative Cloud」では、以下20種類の主要製品を利用可能です。

  • Photoshop(画像編集ソフトウェア)
  • Illustrator(ベクターイラストレーションソフトウェア)
  • Lightroom(写真編集ソフトウェア)
  • Lightroom Classic(写真編集ソフトウェア)
  • Premiere Pro(ビデオ編集ソフトウェア)
  • Media Encoder(映像変換・圧縮ソフトウェア)
  • Prelude(映像制作の前処理ソフトウェア)
  • After Effects(モーショングラフィックス・ビジュアルエフェクトソフトウェア)
  • Audition(オーディオ編集ソフトウェア)
  • Animate(アニメーション作成ソフトウェア)
  • Character Animator(キャラクターアニメーションソフトウェア)
  • Dimension(3Dデザインソフトウェア)
  • Fuse(3Dキャラクターモデリングソフトウェア)
  • Project Felix(3Dデザイン・レンダリングソフトウェア)
  • Substance 3D(3Dデザインソフトウェア)
  • Dreamweaver(Webデザインソフトウェア)
  • InDesign(出版物作成ソフトウェア)
  • InCopy(編集者向けソフトウェア)
  • Spark(クリエイティブ作成・共有のためのWebアプリケーション)
  • Acrobat Pro DC(PDF作成・編集ソフトウェア)

さらに、「Adobe Creative Cloud」は上記のソフトウェアが使用できるだけでなく、アップデート・モバイルアプリ・クラウドストレージなど多数の特典が含まれています。

雫
正直、知らないソフトばかりだ。こんなにたくさん使いこなせそうにないよ。
すみれ
すみれ
プロでも全部使っている人はいないから安心して。基本的には、自分が得意とする専門分野の製品を中心に使っていくことになるよ。

「Adobe Creative Cloud」の料金プラン

Adobe Creative Cloud」の料金プランを表にまとめます。

プラン名 フォトプラン(20GB) フォトプラン(1TB) コンプリートプラン
通常価格 1,078 円/月 2,178 円/月 6,480 円/月
学生・教職員向け  なし なし  1,980 円/月(初年度)

フォトプラン(20GB)は、画像編集ソフトウェアの「Photoshop」と写真編集ソフトウェアの「Lightroom」がセットになったプラン。フォトプラン(1TB)との違いはクラウドフォトストレージの容量のみなので、フォトプラン(20GB)が圧倒的にお得です。

コンプリートプランは、「Adobe Creative Cloud」主要20製品全てが利用できます。クラウドフォトストレージの容量は100GBです。

ソフト単体で購入する場合、価格はソフトによって異なります。主要ソフトの「Illustrator」「Premiere Pro」「Photoshop」「After Effects」「InDesign」「Animate」「Dreamweaver」「Audition」について、価格は全て2,728円/月です。

またコンプリートプランをAmazonで購入する場合は、12か月版を購入することで公式サイトよりも割安で購入できます。具体的な価格は、公式サイト72,336円/年Amazonオンラインコード版59,184円/年です。(※2024年2月1日時点)

コンプリートプランの学生・教職員向け適用範囲

コンプリートプランは学生・教職員向けプランだと、初年度は1,980 円/月、2年目以降は3,278 円/月と学割で安く購入できます。学割の購入資格は以下のとおりです。

  • 中学校
  • 高校
  • 大学
  • 短期大学
  • 専門学校

購入資格の証明は、学校で発行されたメールアドレスを使用した場合、直ちに承認されます。また学校発行のメールアドレスがない場合、学生表・成績表・授業料明細票等の在籍証明書で確認可能です。

社会人が学割でコンプリートプランを購入する方法

Adobe Creative Cloud」のコンプリートプランは、学生・教職員向け価格の方が圧倒的に安いです。そして学校に所属していない社会人でも、学割で購入する方法があります。

学生・教職員向け価格を利用する方法は、Adobe公認のオンラインスクールに入会すること。オンラインスクールに入会すると学生扱いになるため、学割で「Adobe Creative Cloud」コンプリートプラン1年分を購入できます。

オンラインスクールの「Adobe Creative Cloud」ライセンス付属Adobe講座を購入することで、授業料と1年間のAdobe製品利用料がセットになるわけです。

学割を利用できるオンラインスクールは、いくつかありますが以下の点でアドバンスクールオンラインがおすすめです。

  • アドビシステムズから「プラチナスクールパートナー」に認定されている
  • オンライン動画による授業で、実際に学校に通う必要がない
  • 課題や学習ノルマがなく、好きなときに勉強できる
  • 社会人が入会する場合、一番安い価格帯で入会できる
  • どこよりも速く入会できるため、すぐにAdobe製品を利用できる
  • 14ヵ月間学び放題で講座を受講できる

アドバンスクールオンラインの「Adobe通信講座」は、税込みで39,980円。Illustrator CC講座・Photoshop CC講座・Premiere Pro CC講座等の11講座が14ヶ月間学び放題です

雫
Adobe製品を学べる動画教材がついて、さらに安くなるってすごくない?
すみれ
すみれ
Adobe製品の利用を一から始める社会人は、オンラインスクールがお得だよ。

\14ヶ月間学び放題/
アドバンスクールオンラインを見る

激安の買い切り版をオススメしない理由

雫
実は、Adobe製品の買い切り版を激安で買えるオンラインショップを見つけたんだ。ディーエルソフトっていうのだけれど、どうかな?
すみれ
すみれ
ディーエルソフトについて調べてみたが、確かに安く購入できそうだ。しかし、以下の点でオススメしない。
  • 2012年バージョンで古く、新しい機能が使用できない
  • 「Adobe Creative Cloud」と同時に使用できない
  • メーカーであるAdobeが推奨する購入方法ではない

ディーエルソフトで販売されている買い切り版は、2012年バージョンの「Creative Suite 6」。アップデートができないため、永遠に新しい機能は利用できません。

サブスクリプション「Adobe Creative Cloud」と買い切り版は、同じパソコンに共存できません。買い切り版をインストールする際は、「Adobe Creative Cloud」をアンインストールする必要があります。

さらに、Adobeは2013年以降は収益モデルをサブスクリプションに移行。公式サイトでの買い切り版は販売終了し、ログインサポートさえも終了予告しました。買い切り版廃止の方向性は明らかです。

雫
確かに使ってみたい機能は新しい機能ばかり。動画・画像編集の勉強なら、最新版を使わないと意味がないもんね。
すみれ
すみれ
そもそもAdobe公式サイトに、無料体験版や学割が用意されているのだから使わない手はないよ。

無料体験版からオンラインスクールへの移行がオススメ

雫
Adobe製品を使ったことがないから、無料体験版から始めてみるよ。まずは画像編集を勉強しようかな。
すみれ
すみれ
画像編集であれば、「Photoshop Elements」無料期間30日→オンラインスクールと進んでいくやり方がオススメだ。
雫
オンラインスクールなら、社会人でも学割が利用できるんだね。
すみれ
すみれ
その通り。コンプリートプラン1年分を学割で購入できる上に、11種類の動画講座も付いてくるよ。

\14ヶ月間学び放題/
アドバンスクールオンラインを見る