ランキング

TVスティックとは?おすすめメディアストリーミングデバイス

誠
自宅のテレビで「Netflix」等の動画を見たいのだけれど、テレビ本体が対応していないんだよね。
すみれ
すみれ
HDMI端子とWi-Fi環境があれば、メディアストリーミングデバイスを購入することで簡単に見られるよ。
誠
メディアストリーミングデバイスにも、いくつか種類があるよね。どれがおすすめかな?
すみれ
すみれ
では今回は、「Fire TV Stick」「Chromecast」「Apple TV」の3種類のメディアストリーミングデバイスを比較しながら解説するよ。

Amazon「Fire TV Stick」の特徴

プロセッサ クアッドコア 1.7 GHz
ストレージ 8GB
Bluetooth Bluetooth 5.0 + LE
出力端子 HDMI出力
解像度 1080p、720p
リフレッシュレート 最大60fps
電源 USB、コンセント
サイズ 86 mm x 30 mm x 13 mm
重量 32.0g

Fire TV Stick」は、Amazonが販売するメディアストリーミングデバイスです。Alexa対応の音声認識リモコンを同梱しており、音声認識ボタンを押しながら話しかけるだけで、検索や再生等を操作できます。

Fire TV Stick」の特徴は、再生ボタンを押してから実際に動画の再生がすぐに始まる点。ストレスなく操作できるため、快適に目当ての動画を視聴できます。

すみれ
すみれ
専用のリモコンが付いているから、誰でも感覚的に操作可能。値段も今回紹介する3製品の中で一番安く、正直メディアストリーミングデバイスは「Fire TV Stick」一択だと思っているよ。

Google「Chromecast」の特徴

created by Rinker
Google(グーグル)
¥2,929
(2022/07/03 11:43:51時点 Amazon調べ-詳細)

プロセッサ 非公表
ストレージ 非公表
Bluetooth なし
出力端子 HDMI出力
解像度 最大1080p
リフレッシュレート 最大60fps
電源 USB、コンセント
サイズ 51.9 mm x 51.9 mm x 13.8 mm
重量 40g

Chromecast」は、Googleが販売するメディアストリーミングデバイスです。Google Homeとの連携により、声だけでテレビを操作できます。

Chromecast」の特徴は、リモコンではなくスマートフォンのGoogle Homeアプリで操作する点。実際の映像を見ながら、シークバーを使って目当ての場面へ移動できます。

すみれ
すみれ
Google Homeは使いやすく、アプリの機能性は「Fire TV Stick」に勝っている。ただしBluetoothやリモコンがなく、全体的な利便性では「Fire TV Stick」に劣る印象だ。

Apple「Apple TV HD」の特徴

プロセッサ 64ビットアーキテクチャ搭載A8チップ
ストレージ 32GB
Bluetooth Bluetooth 5.0
出力端子 HDMI出力、有線LANポート
解像度 最大1080p
リフレッシュレート 最大30fps
電源 USB、コンセント
サイズ 98 mm x 98mm x 35 mm
重量 425g

Apple TV HD」は、Appleが販売するメディアストリーミングデバイスです。リモコンが同梱されており、再生・停止や音量を簡単に操作できます。

Apple TV HD」の特徴は、iPhoneの画面をミラーリングできる点。iPhoneの写真や動画を、テレビの大画面を通してみんなで見られます。

すみれ
すみれ
Apple製品との連携が便利だけれど、他のメディアストリーミングデバイスと比較すると価格が高め。iPhoneの画面をミラーリングしたい等の理由がなければ、「Fire TV Stick」をおすすめするよ。

迷ったら「Fire TV Stick」を買うべき

誠
どのメディアストリーミングデバイスでも、「Netflix」等の動画は見られるんだよね?
すみれ
すみれ
どのメディアストリーミングデバイスも、有名な動画配信サービスは網羅している。どれを買っても基本的な機能性に違いはない。
誠
どのメディアストリーミングデバイスを買おうか迷った場合は、どれがおすすめかな?
すみれ
すみれ
性能・快適性・価格など総合的なパフォーマンスを考えると、「Fire TV Stick」が一歩抜きんでている。特別な理由がなければ、「Fire TV Stick」を購入しておけば間違いないよ。
こちらの記事もおすすめ