商品PRを目的とした記事です。ダイアブログは、各種アフィリエイトプログラムに参加しています。

ランキング

音楽ライブで便利なグッズ5選!これは絶対に持っていこう

雫
ねぇ、聞いて!二人で一緒に応募していたライブのペアチケットが当たったよ!
すみれ
すみれ
それは嬉しすぎる!思いっきり楽しめるように今から準備しなきゃ!
雫
私はあんまりライブ経験がなくて、何が必要なのかわからないんだ
すみれ
すみれ
私に任せて!ライブに絶対に持って行きたい便利グッズ5つを紹介するよ

大音量から耳を保護する「イヤープラグ」

音楽ライブの醍醐味のひとつとして、迫力ある大音量のサウンドが挙げられますよね。

裏を返せば、耳に負担が掛かっていることを忘れてはいけません。実際に私も、ライブ後に聴力が落ちた経験があります。

せっかく楽しみにしていた曲を、耳をふさいで聴くわけにはいきません。「イヤープラグ」の装着がおすすめです。

AZLAの「POM1000」は、ライブなど大音量から耳を守る目的で開発されたイヤープラグです。

音質を極限まで下げることなく、音量だけを適正に抑えるよう設計されています。2つのモードを搭載し、好みの音質が選択可能です。

頻繁にライブに参加する方だけでなく、自分の耳を大切にしたい方は「POM1000」を持っていきましょう。

すみれ
すみれ
ライブ中は着けてることを忘れるくらい盛り上がれるし、何よりも聴力の方が大事だ
created by Rinker
AZLA
¥4,000
(2024/07/25 01:05:37時点 Amazon調べ-詳細)

遠くの席でも10倍見える「オペラグラス」

ライブで気になることと言えば、自分の座席からステージまでの距離ではないでしょうか?

コンサートホールやドームのような広い会場の場合、遠くの席からはアーティストが米粒くらい小さくしか見えません。

そこで持って行きたいのが「オペラグラス」。表情や衣装、演奏の細かい動きなどをより鮮明に見られるようになります。

10倍ズームと視野角65°を持ち、明るくはっきりと映し出すのに最適なRuxisの「オペラグラス」がオススメです。

倍率が高いだけの製品と異なりクリアな視界で、重たい双眼鏡のような手ブレも気になりません。

長時間使っても腕が疲れにくい140gの軽量設計。メガネ対応モデルのため、老若男女どなたにもマッチします。

すみれ
すみれ
アーティストを間近に感じられるから、大型モニターの映像よりも感動するよ
created by Rinker
Ruxis
¥4,280
(2024/07/24 20:11:10時点 Amazon調べ-詳細)

電子チケットで慌てない「モバイル充電器」

近年のライブでは電子チケットが一般化したため、入場の際にスマホが必需品になりました。

便利になった反面、スマホの充電が切れてしまった際に入場できないリスクが発生します。

そこで忘れずに持って行きたいのは「モバイル充電器」。予期せぬ充電切れにも慌てる心配がいりません。

Ankerの「Nano Power Bank」はケーブルレスのモバイル充電器。USB Cライトニング端子のいずれかのタイプを選べます。

100gの軽量コンパクトサイズでポケットに入れても気になりません。快適に動き回れて、ライブに持って行くのに最適です。

重たいバッテリーを持ち歩くのは嫌ですよね?心からライブを楽しむためには「Nano Power Bank」を選びましょう。

すみれ
すみれ
もちろんライブ以外でも活躍するから、絶対に持っておくべきだ
created by Rinker
Anker
¥3,490
(2024/07/24 20:11:11時点 Amazon調べ-詳細)

驚くほど軽い「折りたたみ傘」

ライブ当日があいにくの雨だったら、会場まで傘をさす必要が。片手がふさがって不便ですよね?

会場に着いても、荷物が増えて邪魔になってしまいます。できれば持ちたくないですが、天気を選ぶことはできません。

そこで傘の種類を選んでみてはいかがでしょうか?小型軽い折りたたみ傘」であれば、荷物が極力コンパクトになります。

comfoxの「折りたたみ傘」は110gの軽量で、収納時は4×22cmとスリム。ライブ会場でも邪魔にならず身軽に動けます。

非常にコンパクトながら、広げたサイズは直径99cm。成人男性でもすっぽりとカバーするため、男女兼用で使えます。

ライブ当日が雨だった際の最適解は、あえて折りたたみ傘」を選ぶこと。荷物を減らして思いっきり楽しめます。

すみれ
すみれ
重い傘を持って行って失敗したことがある。ライブの日は身軽が一番だよ
created by Rinker
comfox
¥2,580
(2024/07/24 20:11:12時点 Amazon調べ-詳細)

暑さでバテないために「首掛け扇風機」

夕方からの公演であってもグッズの購入やツアートラックの撮影などで、昼間からライブ会場付近に駆けつける方も多いはずです。

会場によっては周囲に日除けがない場合もあります。特に暑い時期は、開演前からバテてしまわないように注意しましょう。

暑さ対策として活躍するのが「首掛け扇風機」。小型なものを選べば荷物にならず、両手も空けられます。

VORAGAの「首掛け扇風機」は116×93×43mmのコンパクトサイズ。重量わずか151gの軽量設計です。

小さいながらも風量は十分で、5段階の調整ができます。6000mAhの大容量バッテリーで、最長10時間運転可能です。

クリップを腰やベルトに装着すれば服の内側へ送風可能。しっかり涼んで、ライブまで体力を温存しておきましょう。

すみれ
すみれ
夏場のライブは暑さ対策がマスト。軽量な「首掛け扇風機」は絶対に持っていきたいね

便利グッズで音楽ライブをさらに楽しもう

雫
さすが音楽ライブのベテラン経験者!すみれと一緒なら心強い
すみれ
すみれ
できるだけ身軽になれるように、どのグッズもコンパクトさに重点を置いたよ
雫
本当に助かる!さっそく選んでもらったアイテムを準備していくぞ
すみれ
すみれ
ライブ直前で慌てなくてすむように、今のうちから用意しててね
こちらの記事もおすすめ