ランキング

ノンフライヤーとは?家庭用のおすすめランキング紹介

花織さん
花織さん
油を使わずに揚げ物ができるノンフライヤーが気になっているのだけれど、そもそもどのような製品かも知らなくて…。
凪原さん
凪原さん
ノンフライヤーは、熱風を高速循環させる調理器具です。食材の脂を利用して加熱するため、油を使わずに旨味を凝縮できますよ。
花織さん
花織さん
へぇ、それなら大幅にカロリーダウンになりそうね。でも、ノンフライヤーってどうやって選んだらいいかかしら。
凪原さん
凪原さん
では今回は、ノンフライヤーを初めて買う方向けにおすすめのノンフライヤーを紹介します。

ノンフライヤーとは?

ノンフライヤーとは、油を使わずに揚げ物を作る調理器具です。「エアフライヤー」「電気フライヤー」と呼ばれることもあります。

ノンフライヤーの仕組みは、最高200℃の熱風を高速で循環させることで、食材を加熱します。油を使わずに食材の脂を利用するため、脂分が少なくヘルシーな揚げ物を調理できます。

また、調理時に油を使わないだけでなく、食材の余分な脂もしっかり落とします。そのため、油で揚げる方法に比べてカロリーを大幅に削減可能です。

さらに、ノンフライヤーは揚げ物だけでなく、焼き魚お惣菜の温めなど様々な用途に使用可能。オーブンのように食材を焼いたり、電子レンジのように冷たくなった食品を温めたりなど1台で幅広い役割を果たす製品です。

花織さん
花織さん
揚げ物だけかと思っていたけれど、焼いたり温めたりと様々な調理に対応できるのね。
凪原さん
凪原さん
ノンフライヤーは日本ではまだメジャーな調理器具ではありません。ですが海外では「エアフライヤー」と呼ばれて、新たな定番調理器具の地位を獲得しつつあります。

おすすめのノンフライヤー5選

ノンフライヤーの中から、特におすすめする5選の商品について紹介します。

ノンフライヤー KOKOBI「LIVEN」 ‎2.5L

created by Rinker
KOKOBI
¥13,800
(2021/10/25 23:48:53時点 Amazon調べ-詳細)

容量 ‎2.5L
消費電力 1400W
温度 80〜200℃
幅×奥行×高さ 230×280×290mm
重量 3.0kg

KOKOBIの「LIVEN」は、2.5Lと中型のノンフライヤー。縦横が23×28cmと小さく、あまり場所をとらずに設置できる利点を持ちます。

LIVENの最大の特徴は、製品上部に配置されたスマートなタッチパネル。広いディスプレイには時間や温度など情報や動作状態が表示され、立ったままでも簡単に操作できます。

付属の揚げ鍋とベーキングトレイは本体から取り外せるため、簡単にお手入れ可能。表面にはノンスティックコーティング加工が施されており、汚れが付きにくい構造となっています。

花織さん
花織さん
グリーンとゴールドで高級感のある見た目が素敵ね。このデザインなら周りのインテリアと調和しそう。
凪原さん
凪原さん
「LIVEN」は、クラウドファンディングで販売を開始し、目標に対して694%の支援を達成。リーズナブルかつ高性能なノンフライヤーとして注目を集めています。

ノンフライヤー COSORI「CP137-AF」‎ 3.5L

created by Rinker
COSORI
¥10,980
(2021/10/25 23:48:54時点 Amazon調べ-詳細)

容量 ‎3.5L
消費電力 1230W
温度 77~205℃
幅×奥行×高さ 310×340×270mm
重量 5.3kg

COSORIの「CP137-AF」‎は、アメリカ・ドイツ・カナダなど9カ国で販売しているノンフライヤー。アメリカのアマゾンでは、ノンフライヤー部門でベストセラーを獲得しています。

COSORIノンフライヤーは、11種類の設定レシピを搭載しており、ワンタッチで調理開始が可能。アメリカ専門チーフと日本の料理先生両方が監修した、30品のレシピが付属しているため使い方に迷うことはありません。

バスケットを取り外すと自動停止するシェック機能、簡単に洗える分離可能なバスケット、汚れが付きにくいノンスティックコーティングなど、ユーザーの使い勝手を考えた製品です。

花織さん
花織さん
シンプルな操作パネルで、簡単に調理できそう。ノンフライヤーとしてベストセラーになっている点も魅力的ね。
凪原さん
凪原さん
売れているということは、信頼性の高さを裏付けています。シンプルかつ大容量なノンフライヤーだから、初めて購入する方におすすめです。

オーブントースター アイリスオーヤマ「FVX-D3B-S」

created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥10,950
(2021/10/26 02:55:46時点 Amazon調べ-詳細)

容量 ‎3.4L
消費電力 1410W
温度 80~200°C
幅×奥行×高さ 341×325×348mm
重量 ‎9.3kg

アイリスオーヤマの「FVX-D3B-S」は、スチーム機能を搭載したヘルシーなノンフライ熱風オーブン。オーブン・トースター・リクック・フライヤーと1台で4種類の役割をこなします。

FVX-D3B-S」の特徴は、前面がガラス張りになっており庫内が見える点。食材を見ながら調理できるため、自分好みの焼け具合に調節できます。

注水してスチーム機能を使えば、外はサクッと中はふんわりとしたトーストが完成。調理温度と時間はダイヤル設定するため、見た目で簡単に理解できる操作性が魅力的な製品です。

花織さん
花織さん
ノンフライヤーに加えて、スチームトースターやオーブンの役割も果たしてくれるのね。
凪原さん
凪原さん
買ってきたフライのお惣菜も、リクック機能を使えばサクッとジューシーに仕上がります。リクック機能で脂質とカロリーもカットしてくれるから、ダイエットにもおすすめです。

ノンフライヤー Innsky「IS-AF005」 1.8L

created by Rinker
Innsky
¥6,880
(2021/10/25 23:48:55時点 Amazon調べ-詳細)

容量 ‎1.8L
消費電力 ‎1230W
温度 80~200°C
幅×奥行×高さ 310×300×232mm
重量 ‎2.67kg

Innskyの「IS-AF005」は、1.8Lと小型でコンパクトなエアフライヤー。重さも2.67kgと軽いため、持ち運びにも便利です。

上部の操作タッチパネルは、人間工学のフレームワークに従って傾斜したデザインを採用。立ったままでも操作しやすいパネルデザインです。

Innskyのノンフライヤーの本体カラーは、ホワイトとブラックの2種類を用意。ゴールドの指し色が映える高級感のあるデザインで、様々なインテリアと調和します。

花織さん
花織さん
今までのノンフライヤーと比べると、小型の製品ね。
凪原さん
凪原さん
容量が1.8Lと小さめなので、一食分の調理に最適。一人暮らしの方におすすめしたいノンフライヤーです。

ノンフライヤー VPCOK「005534」 3.5L

VPCOK エアフライヤー ノンフライヤー 3.5L
VPCOK

容量 ‎3.5L
消費電力 ‎1000W
温度 80~200°C
幅×奥行×高さ 305×305×360mm
重量 ‎‎3.8kg

VPCOKノンフライヤーは、食材の脂肪を熱で溶けさせて脂肪分を大幅カット。健康や美容を考えてダイエットしている方に最適の製品です。

VPCOKノンフライヤー最大の特徴は、リーズナブルな価格設定。実売価格は約5,000円で購入できるため、初めてノンフライヤーを購入する方におすすめです。

スマートLCDパネル、6種類の自動メニュー、バスケットの取り外しなどユーザーに嬉しい機能を搭載。低価格と高性能の両面を追求したノンフライヤーです。

花織さん
花織さん
とても価格が安いノンフライヤーね。このくらいの値段なら気軽に購入できそう。
凪原さん
凪原さん
価格は安くても、基本的な性能をきちんと搭載したノンフライヤー。とりあえずノンフライヤーがどのような調理器具か試してみたい方におすすめの製品です。

ノンフライヤーはこんな方におすすめ!

花織さん
花織さん
私は、オーブンとスチームトースターも欲しかったから、アイリスオーヤマのオーブントースターが気に入ったわ。
凪原さん
凪原さん
ノンフライヤーの知名度はまた高くありませんが、海外での売れ行きを見ていると、今後日本でも流行ると予想されます。一度使ってみればその便利さを実感できるはずです。
  • 脂分の取りすぎを防ぎたい
  • 簡単に揚げ物を調理したい
  • お惣菜をおいしく温めたい
こちらの記事もおすすめ