商品PRを目的とした記事です。ダイアブログは、各種アフィリエイトプログラムに参加しています。

レビュー

JBLのサウンドバー「1000/800/500/300/5.0/2.0」6製品を比較

誠
大迫力のサウンドで映画を見たいから、JBLのサウンドバーを購入しようと思っているんだ。
炭緒
炭緒
音響メーカーJBLのサウンドバーなら、まるで映画館のような臨場感を楽しめるよ。
誠
ただJBLのサウンドバーは6種類もあって……。各製品の違いを詳しく教えてくれないかな。
炭緒
炭緒
では、JBL BAR「1000/800/500/300/5.0/2.0」6製品について、性能を比較しながら解説するね。

JBL BAR 1000

BAR 1000」は、JBLサウンドバーのフラッグシップモデルです。サウンドバーに加えて、サブウーファーと脱着式スピーカー2基が付属します。

チャンネル構成は「7.1.4チャンネル」です。

  • 視聴者を取り囲むように7つ
  • 低音のウーファーが1つ
  • 天井から降り注ぐように4つ

上記の通り、12方向から音が来ることを意味しています。

最高級のサウンドバーである「BAR 1000」は、通常のサラウンドサウンドに加えて、上からも音が降り注ぎます。

映画を見てみると、自分のすぐそばで演者が語りかけているような感覚。自分が映画の中に入り込んでしまったかのような臨場感です。

他のサウンドバーと一線を画す異次元のサラウンドサウンド環境。「BAR 1000」なら、自分の部屋に実現できます。

製品名 BAR 1000
チャンネル構成 7.1.4チャンネル
スピーカー種類 サウンドバー、サブウーファー、脱着式スピーカー×2
脱着式スピーカー使用時間 約10時間
ワイヤレス接続 Wi-Fi6、Bluetooth5.0
接続端子 ETHERNET、HDMI×3、eARC対応HDMI、光デジタル
出力 880W
ドライバーユニット数 15基
周波数特性 33~20,000Hz
音響技術 Dolby Atmos、DTS:X、MultiBeam
ストリーミング技術 AirPlay2、Chromecast built-in、Alexa Multi-Room Music
音声アシスタント Alexa、Googleアシスタント、Siri
機能 ルーム・キャリブレーション、PureVoice
アプリ対応 JBL ONE
付属品 リモコン、電源ケーブル×2、HDMIケーブル、壁掛けセット、サイドキャップ×4
サイズ(サウンドバー) 884×56×125 mm(幅×高さ×奥行)
重さ(サウンドバー) 3.7 kg
サイズ(サブウーファー) 305×440.4×305 mm(幅×高さ×奥行)
重さ(サブウーファー) 10 kg
サイズ(脱着式スピーカー) 155×56×125 mm(幅×高さ×奥行)
重さ(脱着式スピーカー) 1.4 kg
炭緒
炭緒
家庭用のサウンドバーとしては、最高クラスのサラウンド環境を実現します。

JBL BAR 800

BAR 800」は、JBLで2番目に高級なサウンドバーです。価格は10万円を切る値段になり、フラッグシップモデルの「BAR 1000」よりも安く購入できます。

BAR 1000」との一番の違いはチャンネル構成です。

  • 視聴者を取り囲むように5つ
  • 低音のウーファーが1つ
  • 天井から降り注ぐように2つ

上記の「5.1.2チャンネル」となります。

BAR 1000」と「BAR 800」のサウンドを聴き比べてみると、若干サラウンドが抑えられている印象を受けます。

BAR 800」のサラウンドサウンドは、迫力十分です。ただ「BAR 800」を買う予算があるならば、もう少し金額を足して「BAR 1000」の購入をおすすめします。

製品名 BAR 800
チャンネル構成 5.1.2チャンネル
スピーカー種類 サウンドバー、サブウーファー、脱着式スピーカー×2
脱着式スピーカー使用時間 約10時間
ワイヤレス接続 Wi-Fi6、Bluetooth5.0
接続端子 ETHERNET、HDMI、eARC対応HDMI、光デジタル
出力 720W
ドライバーユニット数 11基
周波数特性 35~20,000Hz
音響技術 Dolby Atmos、MultiBeam
ストリーミング技術 AirPlay2、Chromecast built-in、Alexa Multi-Room Music
音声アシスタント Alexa、Googleアシスタント、Siri
機能 ルーム・キャリブレーション、PureVoice
アプリ対応 JBL ONE
付属品 リモコン、電源ケーブル×2、HDMIケーブル、壁掛けセット、サイドキャップ×4
サイズ(サウンドバー) 884×56×120 mm(幅×高さ×奥行)
重さ(サウンドバー) 3.4 kg
サイズ(サブウーファー) 305×440.4×305 mm(幅×高さ×奥行)
重さ(サブウーファー) 10 kg
サイズ(脱着式スピーカー) 145×56×120 mm(幅×高さ×奥行)
重さ(脱着式スピーカー) 1.3 kg
炭緒
炭緒
BAR 1000」にどうしても予算が届かない方は、「BAR 800」がおすすめです。
created by Rinker
JBL
¥99,990
(2024/02/24 19:45:01時点 Amazon調べ-詳細)

JBL BAR 500

BAR 500」は、JBLサウンドバーの中でも準高級モデルと言うべき存在です。価格は5万円台(2024年1月23日時点)と、購入しやすい価格になりました。

チャンネル構成は「5.1チャンネル」で、周りから包み込むようなサラウンドサウンドを堪能できます。

上位機種と比較すると、天井方向から音が抑えられています。その分、コスト削減を実現しました。

サブウーファーは、フラッグシップモデル「BAR 1000」と全く同じものです。低音の迫力を存分に体感できます。

製品名 BAR 500
チャンネル構成 5.1チャンネル
スピーカー種類 サウンドバー、サブウーファー
ワイヤレス接続 Wi-Fi6、Bluetooth5.0
接続端子 ETHERNET、HDMI、eARC対応HDMI、光デジタル
出力 590W
ドライバーユニット数 8基
周波数特性 35~20,000Hz
音響技術 Dolby Atmos、MultiBeam
ストリーミング技術 AirPlay2、Chromecast built-in、Alexa Multi-Room Music
音声アシスタント Alexa、Googleアシスタント、Siri
機能 ルーム・キャリブレーション、PureVoice
アプリ対応 JBL ONE
付属品 リモコン、電源ケーブル×2、HDMIケーブル、壁掛けセット
サイズ(サウンドバー) 1017×56×103.5 mm(幅×高さ×奥行)
重さ(サウンドバー) 2.8 kg
サイズ(サブウーファー) 305×440.4×305 mm(幅×高さ×奥行)
重さ(サブウーファー) 10 kg
炭緒
炭緒
フラッグシップモデルと同じサブウーファーを搭載。大迫力の低音を楽しめます。
created by Rinker
JBL
¥58,500
(2024/02/24 19:45:02時点 Amazon調べ-詳細)

JBL BAR 300

BAR 300」は、フラッグシップモデルである「BAR 1000」のサウンドバー部分を良いとこ取りしたモデルです。

JBL独自のルーム・キャリブレーション機能で、部屋の音響特性を測定。細かい設定をすることなく、誰でも最適なサラウンド環境を実現できます。

スピーカーがサウンドバー1種類で構成されているため、テレビ前のスペースだけでスピーカーを設置できます。

スピーカーの設置場所が限られる場合や、シンプルなサウンドバーを好む方におすすめです。

製品名 BAR 300
チャンネル構成 5.0チャンネル
スピーカー種類 サウンドバー
ワイヤレス接続 Wi-Fi6、Bluetooth5.0
接続端子 ETHERNET、HDMI、eARC対応HDMI、光デジタル
出力 260W
ドライバーユニット数 6基
周波数特性 50~20,000Hz
音響技術 Dolby Atmos、MultiBeam
ストリーミング技術 AirPlay2、Chromecast built-in、Alexa Multi-Room Music
音声アシスタント Alexa、Googleアシスタント、Siri
機能 ルーム・キャリブレーション、PureVoice
アプリ対応 JBL ONE
付属品 リモコン、電源ケーブル、HDMIケーブル、壁掛けセット
サイズ(サウンドバー) 820×56×104 mm(幅×高さ×奥行)
重さ(サウンドバー) 2.5 kg
炭緒
炭緒
純粋なサウンドバーとしては一番の高級モデル。設置スペースが限られる部屋におすすめします。
created by Rinker
JBL
¥41,580
(2024/02/24 19:45:02時点 Amazon調べ-詳細)

JBL BAR 5.0 MultiBeam

BAR 5.0 MultiBeam」は、JBLサウンドバーの普及モデルです。2万円台前半(2024年1月23日時点)と、かなり安く購入できます。

5基のスピーカーと4基のパッシブラジエーターを搭載しており、音の迫力は想像以上です。

JBL独自のMultiBeam技術を採用し、壁の反射を利用してサラウンドサウンドを作り出します。

本体から壁までの距離を測定するルーム・キャリブレーション機能を使えば、自動的に音を調整します。

価格以上の性能で、コストパフォーマンス抜群のサウンドバー。予算を抑えたい方に一番のおすすめのモデルです。

製品名 BAR 5.0 MultiBeam
チャンネル構成 5.0チャンネル
スピーカー種類 サウンドバー
ワイヤレス接続 Wi-Fi、Bluetooth4.2
接続端子 ETHERNET、HDMI、eARC対応HDMI、光デジタル
出力 250W
ドライバーユニット数 5基
周波数特性 50~20,000Hz
音響技術 Dolby Atmos、MultiBeam
ストリーミング技術 AirPlay2、Chromecast built-in、Alexa Multi-Room Music
音声アシスタント Alexa、Googleアシスタント、Siri
機能 ルーム・キャリブレーション
アプリ対応 なし
付属品 リモコン、電源ケーブル、HDMIケーブル、壁掛けセット
サイズ(サウンドバー) 709×58×101 mm(幅×高さ×奥行)
重さ(サウンドバー) 2.8 kg
炭緒
炭緒
2万円台前半で5.0チャンネルのサラウンドサウンドを実現する、コスパ抜群のモデルです。
created by Rinker
JBL
¥22,980
(2024/02/24 19:45:03時点 Amazon調べ-詳細)

JBL BAR 2.0 All-in-One

BAR 2.0 All-in-One」は、JBLサウンドバーの中で最も安いモデルです。価格は1万円台(2024年1月23日時点)と、他メーカーのサウンドバーと比較しても安く感じます。

テレビの音と比較してみると、差は歴然です。音の解像度がまるで違うため、別の音楽を聞いているかのような感覚を覚えます。

チャンネル構成は2.0チャンネルのステレオで、前から音が聞こえてきます。サラウンドが苦手な方にもおすすめです。

Bluetoothに対応しているワイヤレススピーカーなので、スマホやパソコンと接続して音楽を聴く使い方もできます。

値段的には「BAR 5.0 MultiBeam」とそれほど差がないため、サラウンドサウンドが好きな方は上位機種を推奨します。

製品名 BAR 2.0 All-in-One
チャンネル構成 2.0チャンネル
スピーカー種類 サウンドバー
ワイヤレス接続 Bluetooth4.2
接続端子 ARC対応HDMI、光デジタル
出力 80W
ドライバーユニット数 2基
周波数特性 70~20,000Hz
音響技術 Dolby Digital
ストリーミング技術 なし
音声アシスタント なし
機能 なし
アプリ対応 なし
付属品 リモコン、電源ケーブル、HDMIケーブル、壁掛けセット
サイズ(サウンドバー) 614×58×90 mm(幅×高さ×奥行)
重さ(サウンドバー) 1.61 kg
炭緒
炭緒
テレビのスピーカーとは一線を画す解像度が高いサウンドを、1万円台の予算で手に入れられます。
created by Rinker
JBL
¥15,480
(2024/02/24 19:45:04時点 Amazon調べ-詳細)

映画を見るなら「1000」か「500」がオススメ!

誠
映画を見るから「BAR 1000」が欲しいのだけれど、さすがに予算オーバーかな。
炭緒
炭緒
購入価格を抑えたいなら「BAR 500」がオススメ!「BAR 1000」と同じサブウーファーを使っているよ。
誠
包み込むようなサラウンドサウンドで迫力抜群。価格を考えるとベストな選択になりそうだ。
炭緒
炭緒
JBLのサウンドバーなら設定も簡単だから、初心者にも使いやすい製品だね。