商品PRを目的とした記事です。ダイアブログは、各種アフィリエイトプログラムに参加しています。

解説

Edifier「W820NB Plus」レビュー!「W820NB」との違いを評価

雫
以前紹介してくれたノイズキャンセリングヘッドホン「W820NB」、すごく気に入ってる!
すみれ
すみれ
1万円以下で抜群のノイキャン性能を誇る、コスパ最高のヘッドホンだな。下記の記事で詳しく紹介しているよ。
【開封レビュー】ノイズキャンセリングヘッドホン「W820NB」ノイキャンヘッドホンが欲しいけど、やっぱり高い?騒音に悩まされている方におすすめしたい製品が、コスパ重視のノイズキャンセリングヘッドホン。実際にEDIFIER「W820NB」を購入して、開封レビューや自宅テレワーク時の使い心地を紹介します。...
雫
新しく発売された「W820NB Plus」も気になっているんだ。どう違うのかな?
すみれ
すみれ
では今回は、「W820NB Plus」と「W820NB」の違いについて解説するね。

「W820NB Plus」と「W820NB」の違い

Edifier(エディファイア)の「W820NB Plus」は、1万円以下のアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能搭載ヘッドフォンとして人気を博した「W820NB」の後継モデルです。

最新モデル「W820NB Plus」と前モデル「W820NB」の具体的な違いを、項目別に分けて詳しく解説します。

商品名 W820NB Plus W820NB
ハイレゾ(ワイヤレス) あり なし
LDAC対応 あり なし
ノイズキャンセリング性能
-43dB -38dB
再生時間(ノイキャンON) 33時間 29時間
外音取り込みモード
7段階 1段階
Bluetoothバージョン 5.2 5.0
急速充電対応 あり なし
アプリ機能 進化 通常
サイドのロゴ EDIFIER マーク
カラー ブラック、グレー、クリーム、ブルー、グリーン ブラック、グレー、ホワイト、ブルー
価格 8,999円(割引中) 8,999円

(※価格については「Amazon」より2023年6月28日の価格を参照)

ワイヤレス接続時のハイレゾ対応

W820NB Plus」は、Hi-ResおよびHi-Res Wirelessの規格に対応。ワイヤレスで聞いた際に、音楽の情報量が向上しました。

CD音質を超える高音質により、豊かなディテールで音楽を楽しめます。音質にこだわって聞きたい方は「W820NB Plus」をオススメします。

LDAC対応

LDACは、音楽をワイヤレスで伝送する際に用いられるコーデックの一種です。LDACコーデックは他のコーデックと比較して、伝送速度が速くて歪みレベルが低いため、繊細かつ臨場感のある音を再現できます

LDACは主にAndroidスマホが対応しているコーデックです。そのため、Androidユーザーは「W820NB Plus」を選ぶと、より高音質の音楽を再生できます。

ノイズキャンセリング性能

ノイズキャンセリング機能で低減できる騒音は、「W820NB Plus」が-43dB・「W820NB」が-38dBです。

「W820NB Plus」は、より強力にノイズキャンセリング機能が働きます。ノイキャン性能を求める方は、「W820NB Plus」がオススメです。

再生時間(ノイズキャンセリング機能ON)

ノイズキャンセリング機能をオンにした際の再生時間は、「W820NB Plus」が33時間・「W820NB」が29時間です。

バッテリーは変わっていないため、ノイズキャンセリングON時のバッテリー消費を抑えられるように性能が向上しました。

外音取り込みモード

W820NB Plus」は、外音取り込みモードをオンにした際の、外音取り込みレベルをアプリで調整できるようになりました。

調整レベルは7段階と非常に細かい調整が可能。人の声がクリアに聞き取れるように、お好みのレベルで調整できます。

Bluetoothバージョン

Bluetoothバージョンは、「W820NB Plus」が5.2・「W820NB」が5.0です。Bluetooth5.2は5.0と比較して、音声の情報量・低消費電力・位置情報の正確性・接続時間の短縮・干渉の起きにくさ等の機能が向上しています。

「W820NB Plus」の方が、ワイヤレスで音楽を聞く際の利便性が全体的に上がっていると言えます。

急速充電対応

W820NB Plus」は急速充電に対応。わずか10分間の充電で、約7時間の再生が可能となりました。

充電を忘れていたり、バッテリー切れした際にも、僅かな充電時間ですぐ使えるようになります。

アプリの機能

W820NB Plus」は、アプリをアップデートしており、機能が向上しました。具体的には、外音取り込みレベルの設定イコライザーの選択LDACの設定電源オフタイマーが追加されています。

アプリがあるとヘッドホンの利便性が向上するため、基本的にはアプリをインストールすることをオススメします。

サイドのロゴデザイン

ヘッドホン左右サイドのロゴデザインは、「W820NB Plus」がEDIFIERの文字・「W820NB」がマークです。

デザインは好みが分かれるところですが、個人的にはマークの方が好きです。ただし、ロゴはそれほど目立つわけではありません。

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、「W820NB Plus」がブラック・グレー・クリーム・ブルー・グリーンの5種類、「W820NB」がブラック・グレー・ホワイト・ブルーの4種類です。

クリームとグリーンは「W820NB Plus」、ホワイトは「W820NB」にしかありません。好みのカラーがある方は該当の機種を選びましょう。

価格

「W820NB Plus」の通常価格は、15,999円(税込)です。ですが、2023年6月28日時のAmazon価格は、カラーによっては割引中で8,999円(税込)となっています。

W820NB Plus」と「W820NB」が同じ価格となっているため、現在購入するなら「W820NB Plus」が圧倒的にお得です。

「W820NB Plus」は音質が大幅に向上!

雫
W820NB Plus」の性能が思った以上に進化しているな。新しく欲しくなっちゃったよ。
すみれ
すみれ
1万円以下のノイズキャンセリング機能付きワイヤレスヘッドホンでは、最強だろうね。
雫
お父さんに「W820NB」をプレゼントして、私は「W820NB Plus」を買おうかな。
すみれ
すみれ
それは良いアイデア!特に音質が向上したから、より音楽を楽しめるようになったよ。